当店イチ押しの桜蒸しと味噌漬けの食べ比べです。

 

京都の旅で知った甘鯛の桜蒸しに魅了され地元で水揚げされた高級金目鯛を桜蒸しにしてみました。

 

桜蒸しは金目鯛を独自の製法で道明寺粉に包み季節の桜葉を添え、葛粉を注ぎ温かいうちに召し上がる絶品。また味噌漬けも軽く味噌を洗い落とし、ホイル煎包蒸し焼きで召し上がる絶品です。

 

さあどちらに軍配があがるでしょうか?

 

お客様の感想をお待ちしています。
 

金目鯛食べくらべ

¥4,050価格
消費税込み
  • 内容量/加工地

    内容量
    桜蒸し 金目鯛切り身約40g×3(下田市)
    味噌漬け 金目鯛切り身約80g×3(北太平洋)

    原産地
    桜蒸し 下田沖
    味噌漬け 北太平洋

  • 原材料

    桜蒸し(金目鯛・道明寺粉・桜の葉、食紅)
    アンの素(片栗粉・塩・カツオ出汁粉)
    味噌漬け(金目鯛・味噌・砂糖・酒・みりん)

  • 賞味期限

    冷蔵6日
    冷凍 5ヶ月

  • 注意事項/その他

    気温の高いところに長い時間放置しないよう心掛けて下さい。